第12回日本緩和医療薬学会年会

ランチョンセミナー ワークショップ

<<<ランチョンセミナー ワークショップに戻る

ランチョンセミナー情報

※ランチョンセミナーの事前参加登録分は全て定員となりました。

※演題名は変更になる可能性がございます。
※ランチョンセミナーの整理券は当日配布もございます。

<5月26日(土曜日)11:45~12:45>

ランチョンセミナー1 ※事前登録分は定員となりました
「がん治療期とキャンサーサバイバーを支える鎮痛薬の使い方」
演者:住谷 昌彦先生(東京大学医学部附属病院 緩和ケア診療部/麻酔科・痛みセンター)
共催:第一三共株式会社

ランチョンセミナー2 ※事前登録分は定員となりました
「化学療法誘発嘔吐事象の今後」
演者:齊藤 光江先生(順天堂大学医学部乳腺・内分泌外科)
共催:大鵬薬品工業株式会社

ランチョンセミナー3 ※事前登録分は定員となりました
「日本発の新たながん治療法「抗がんウイルス」の世界」
演者:藤堂 具紀先生(東京大学医科学研究所先端がん治療分野/東京大学医科学研究所附属病院 脳腫瘍外科)
共催:東邦薬品株式会社

ランチョンセミナー4 ※事前登録分は定員となりました
メサドンが支える外来・在宅医療
「外来における難治性がん疼痛治療~メサドンを中心に~」
演者:里見 絵理子先生(国立がんセンター中央病院 緩和医療科)
「メサドンが支える在宅緩和ケア」
演者:児玉 佳之先生(こだま在宅内科緩和ケアクリニック)
共催:帝國製薬株式会社/テルモ株式会社

ランチョンセミナー5 ※事前登録分は定員となりました
薬剤師力で緩和ケアを変える!
「A Patient-Focused Approachの実践」
演者:川尻 尚子先生(東邦鎌谷病院 薬剤部)
共催:日本化薬株式会社

ランチョンセミナー6 ※事前登録分は定員となりました
「がん支持療法の主薬となるオピオイド鎮痛薬の最新科学的知見」
演者:成田 年先生(星薬科大学 薬理学研究室/星薬科大学 先端生命科学研究センター(L-StaR))
共催:ムンディファーマ株式会社

ランチョンセミナー7 ※事前登録分は定員となりました
「漢方薬を用いた支持療法と緩和ケア」
演者:林 章敏先生(聖路加国際病院 緩和ケア科)
共催:ツムラ株式会社

ランチョンセミナー8 ※事前登録分は定員となりました
超高齢社会における漢方薬の可能性
「がん悪液質モデルの骨格筋量減少に対する人参養栄湯の影響」
演者:大澤 匡弘先生(名古屋市立大学大学院薬学研究科)
「フレイルと人参養栄湯-健康長寿に向けて-」
演者:乾 明夫先生(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 漢方薬理学講座)
共催:クラシエ薬品株式会社

<5月27日(日曜日)12:30~13:30>

ランチョンセミナー9 ※事前登録分は定員となりました
「薬剤師にできるがん患者支援~薬学臨床推論を活かして真のチーム医療の一員になろう!~」
演者:東 加奈子先生(東京医科大学病院 薬剤部)
共催:塩野義製薬株式会社

ランチョンセミナー10 ※事前登録分は定員となりました
オピオイドの薬物動態と使い方
「オピオイド鎮痛薬の薬物動態学的視点からみた特徴」
演者:平山 武司先生(北里大学病院薬剤部)
「処方提案に活かせるオピオイド選択」
演者:岡本 禎晃先生(市立芦屋病院 薬剤科)
共催:久光製薬株式会社/協和発酵キリン株式会社

ランチョンセミナー11 ※事前登録分は定員となりました
「認知症をもつがん患者への支援」
演者:小川 朝生先生(国立がんセンター東病院 精神腫瘍科)
共催:中外製薬株式会社

ランチョンセミナー12 ※事前登録分は定員となりました
「がん医療における「こころ」の問題の早期発見と対応について」
演者:大西 秀樹先生(埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科)
共催:アルフレッサ株式会社

ランチョンセミナー13 ※事前登録分は定員となりました
「「先生、昨日ぐっすり眠れたよ!」と言ってもらうために~緩和医療における薬剤師の役割~」
演者:黒田 誠一郎先生(東京大学医科学研究所附属病院 薬剤部)
共催:エーザイ株式会社

ランチョンセミナー14 ※事前登録分は定員となりました
「新たな国民病“慢性腎臓病(CKD)”と鎮痛薬」
演者:成田 一衛先生(新潟大学腎研究センター 腎・膠原病内科学)
共催:あゆみ製薬株式会社

ランチョンセミナー15 ※事前登録分は定員となりました
「薬剤師が現場で行なえる臨床研究 -がん、緩和ケア研究を中心に-」
演者:伊勢 雄也先生(日本医科大学付属病院 薬剤部)
共催:日医工株式会社

このサイトについて|Copyright © 第12回日本緩和医療薬学会年会 All Rights Reserved.